普通のOLの普通の日常 〜the life of a women in japan 〜

I'll write about my life at tokyo in japan.都内で一人暮らしをしながら、都内で働く普通のOLの日常を綴っていきます。

おじいちゃんとおばあちゃん

久しぶりに実家に帰ったのは、おじいちゃんとおばあちゃんのお誕生日のお祝いも兼ねてました。

 

私の母方のおじいちゃんは、数年前にガンで亡くなりました。

おばあちゃんは元気です。

 

父方の祖父母の誕生日だったのですが、おばあちゃんは具合が悪くて来れなくて、おじいちゃんだけ我が家に来ました。

 

母方のおばあちゃんも、元気がいいと言っても、介護が必要で、よくお母さんは仕事終わりにおばあちゃんのお世話をしに行ってます。

 

父方の祖父母も、基本的には元気だったのですが、ここ数年、おじいちゃんがガンで手術をしたり、おばあちゃんが具合が悪かったりしてます。

 

おばあちゃんの様子を見に、おじいちゃんを送るついでにおじいちゃんの家に行き、おばあちゃんの様子を見に行きました。

でも、おじいちゃんが帰って早々、喧嘩が始まり、一緒に行った弟と私は、それを見守るというなんとも言えない空間が出来上がりました。

 

おじいちゃん、おばあちゃんに今後の治療費がいくらかかるのか言ってないみたいで、本人も知らなくて、それが原因で喧嘩になってました。

 

将来、こんなことで喧嘩になるのかなーって思ったら、めんどくさいなーって思ってしまいました。←

超平和主義。悪く言えば、面倒なことが嫌い。

 

だから、人間関係とかも、あまり深入りしすぎると、喧嘩になったりするのが嫌で、自然と適度な距離感を保つように、今まで過ごして来ています。

 

だってめんどくさいんだもーん。←

 

その私が、孫が首を突っ込まなくていいようなおじいちゃんとおばあちゃんの喧嘩に巻き込まれたのですから、すごく疲れました。

身内のことなので、関係あると言えば関係あるけど、今すぐどうこう出来る問題でも無いし、私達がこうしなさいと言えることでも無いので、ただただ時間が経っていくのを見守っていました。

 

そういう、無駄なことが嫌いなんですよね。←

 

「そういう無駄なこと」の積み重ねが人生なんですけど、めんどくさいよね。

 

今の世の中、関係が希薄、とか言われるけど、私にはそれくらいがちょうど良くて、変に干渉もされたく無いし、干渉しすぎないのも微妙だし、という感じで、ほどほどに仲良し、みたいな関係性が一番心地いいです。

そう考えたら、私も1平成生まれのゆとりとして(自分ではギリギリゆとりでは無いと思っていましたが、)たぶん、そういう希薄な人間関係を築くことが得意になっていた、のかもしれません。

 

家族も、そんな私の性格をわかっていて、干渉をあまりして来ないです。

親なので、がみがみ言われることは多々ありましたが、気を遣ってくれることもありました。

 

この点、「平成生まれのゆとり」という言葉を使いましたが、血液型(好きだねえ、と言われそう)も少なからず影響している気がします。←根拠は無い

 

ab型って、人から干渉されるのも嫌だし、干渉するのも嫌うので(abで違う人いたらごめんなさい)、「何考えてるのかわからない」とかって、よく言われるんじゃ無いかなと。

 

まあ、要するに、久しぶりに実家に帰ったら、満足に寝る場所もないし、おじいちゃんとかおばあちゃんの世話も大変だし、とりあえず暫くは実家に帰りたく無いです。←

実家に居場所が無くなっていた

久しぶりに実家に帰ったら、自分の部屋は、私の荷物以外の荷物が置いてあり、外で使うものもあったりと、とてもそこで人が寝られる状況ではありませんでした。

 

母にそれを言いましたが、「何を言ってるの?」という、何吹く風のテンションで、「少しくらい、良いじゃない、寝れる!」と言われました。

 

私はどこかで、いつでも、実家に帰れると甘えていたのかもしれません。

物理的には、自立していても、精神的にまだ、頼る気持ちがあったのかもしれません。

 

ただ、そこに荷物があっただけのことですが、私にとっては意味のあることでした。

 

「もう、私に帰る場所は無いんだ。」と思いました。

実家を出て生活をしているのだから、他人、、、とまではいきませんが、あくまでお客さん、というか、部外者、、、みたいなイメージで、「実家を出て1年も経つとこうなるのかー」と感慨深いです。

 

とてもじゃ無いですが、私のプライドがそれを許さなかった。

「そうだね、みんなで使って良いよ、みんなの倉庫にして良いよ」と言えたら良かったのですが、私に帰る場所がある、と思っておきたかったのに、そんな事はないと痛感しました。

 

甘えてた。

まだ甘えてました。

 

もう、一生、実家には泊まらないと決めました。

 

 

 

f:id:s2hmt179:20170622204937j:image

 

札幌の夜景。

彼氏と付き合って1年の記念日に行きました。

 

あれからもう半年が過ぎて、毎日めまぐるしくて。

 

信じられないけど、もう一緒にいて1年半が経ちます。

まだ1年半かあ、という感じもするけど、過ごしてきた日々が愛しいです。

 

決まって、彼は私がピンチの時、助けてくれます。

頼れる存在です。

 

だから、甘えてしまいます。

ついつい、会社の愚痴とか言って、困らせてしまいます。

 

私も、彼に何かできるといいんだけど(会社の愚痴言うのやめろよ)。

 

私がこうして、今の仕事を続けられているのは、ことあるごとに彼の助けがあったからです。

就活をしている時から、話を聞いてくれて、前の記事でも書きましたが、「俺はこうだと思う」とか言う押し付けがましい(失礼)意見とか言わなくて、ただ、私が正しいと思うよ、とか、自信になることを言ってくれたり、今回で言えば、「こういうところがあるから、良くないよ、だからこうしてみれば?」と言ってくれたり。

ほんとにすごいと思います。

人を見る目があるし、先を読む力があるし、なんで普通のサラリーマンなんてやってるんだろうって思います。

 

サラリーマンでも、活躍してるみたいだから、申し分無いし、本人もそれをわかってて辞めないのかもしれませんが。

 

人のことをとやかくいうのは良くないと思っているので、私はあんまり彼の仕事については口出ししないし(私が後輩ということもあるけど)、本人から何か話を持ち出されるまでは何も聞きません。

それがいいのか悪いのかわからないけど、それがさみしい時期もありました(贅沢)。

 

人生って、色々ありますね。←誰

 

私の会社は、人数が数十人という数で、若い世代の人が多いので、学校みたいだなーって思ってます。←舐め腐ってますね

 

人数的にも、雰囲気的にも、部活動の延長、みたいな。

男の先輩も居れば、女の先輩も居て、みたいな感じ。

 

私は、なんだかんだ今の会社の雰囲気が好きです。

すっごい愚痴を言うけど、素朴な感じとか、気取ってなくてみんながありのままいる感じとか、好きです。

 

だから、今の関係を崩したくない(恋愛みたい)と思って、先輩に遠慮して、退職の踏ん切りがつかないといえばつかないです。

まあ、決められたらすぐなので、時間の問題かも知れませんし、毎日のように嫌なことはあるので(終わってるなー)、すぐやめるかも知れないけど。

 

それでもその後も、ワガママを言っていいならみんなに会いたいです。

 

たまにご飯とか食べに行きたい。

 

 

仕事のこと

決まって、LINEで彼氏に報告してました。

 

今日先輩がこうで、、、とか。

 

そういうのが、ストレスだったみたいで、彼がうつ病と診断される前、体調が悪い時から、そういうのはやめてほしい、と言われていました。

 

彼は、仕事のオンオフがしっかりできる人で、家には仕事のことを持ち込みません。

 

私もそうなれたらよかったのですが、案外ネチネチしてて、帰り道とかもつい思い出して報告してしまっていました。

 

彼からしたら、仕事が終わってスイッチを切っている時に私からそのような報告がきて、いやでも仕事のことを思い出したりとかして、ストレスだったんだと思います。

 

それを知っていて、今日は我慢が出来ませんでした。

 

会社で色々あって、上司に報告してしまうほど、久しぶりにストレスが最高潮になりました。

 

それをLINEで言ってしまいました。

 

でも、彼は、分かるよ、と寄り添ってくれました。

私は、自分が情けなくて、申し訳なくて、でも、どうにか自分を持たせるために、誰かに吐き出したいと思ってしまい、彼の負担になることを知っていて、報告してしまいました。

 

もっとゆるく出来たらいいのに、と本当に思います。

 

別に、そこまで思いつめるようなことではないかも知れないのに。

 

このままでは、自分の良さが死んでしまうと思いました。

忙し過ぎて、自分を忘れてしまいました。

忙しくて、自分の会社についている派遣さんが出来ないことが腹立たしく思ってしまいました。

そのイライラすら、自己嫌悪で、でもそのイライラが原因で、仲良くしている先輩からも軽蔑の目で見られて、すごく悲しかったです。

 

じゃあ、どうすればよかったの?って思いました。

それで、もう我慢できず、上司に報告してしまいました。

 

それを、彼氏に報告したら、ゆるくやりなって言ってくれて。

 

自分のことを嫌いになりそうです。

 

まさかの出来事

私の記事に、星をつけてくれた人がいました!

 

ありがとうございます(*´ω`*)

 

こんな記事でも、見てくれる人がいて、しかも星までつけてくれるなんて、驚きました。

 

ただの在り来たりなブログなのに

 

私は今、普通のOLですが、「書くことが好き」で現在の会社に入社しました。

 

だから、今やっている仕事も、楽しかったり、やりがいを感じたりしながら、やっています。

 

ただ、そういう働き方ではない、もう少しゆったりしたペースで、マイペースに働きたい、という感じでしょうか。

なにもここにこだわらなくて良いかな、と思います。

 

以前このことについては書いたので、今日はあまり詳しく書きませんが。

 

今になって、正直フリーランスに向けた道が不安になって来ました。

 

いまの安定した正社員という立場を捨ててまで、やることなのか。

大学生でも出来るようなアルバイトでギリギリのお金を稼ぎ、やるようなことなのか。

 

まだ迷いがあります。

正直、迷いがあったら、ダメだと思います。

 

だって、迷いなんかないからみんながむしゃらに出来るし、だから成功する、というか、途中でこぼれ落ちたりせず、半ば半永久的に歩き続けてるのかなって思います。

 

そりゃあ、誰しも不安はなにかしらで抱えてるものかもしれませんが。

 

岐路にたってるなーと日々実感します。

 

満員電車に毎朝揺られながら、今後の生活を考えたりしています。

 

若いと言っても、もうアラサーってやつです。

 

新卒で勤めた会社を辞めて、夢に挑戦した時とはまた見える景色が違う気がします。

 

あの頃は、失うものはなにもなかった気がしたけど、今は、得られたものもそれなりにあって、いまの生活が充実してるな、と感じることもあって、それなりに仕事にやりがいを感じて、なに不自由ない生活を送っています。

 

だから、今のままでも良いじゃん、ってどこかで自分の中の自分が言ったりします。

そこまでもう、頑張る必要も無いよって。

 

確かに、いまの仕事を続けながらも、副業的な感じで書く仕事はできるのかもしれません。

そうやって実践していくうちに色々と分かることもあるのかもしれません。

その一環で、ブログを初めて見たんですけどね。

 

やっぱり書くことは好きだし、こうして世の中に発信して行くのも楽しいなと思えます。

 

ただ、また飽きる日が来るのでは無いか、という不安とか、初めて見たら、軌道に乗らず、アルバイトで食いつなぐことになるのかな、とか色んな不安が巻き起こって来て、「やってみたい」という気持ちと、「やめといたら?」ってゆー、安パイを取りたい気持ちが交錯して、毎日過ごしています。

 

勢いで踏み出せたら、良かったんですけど、私の性格上、意外と考えて行動するので、行動し始めたら早いけど、そこに至るまでのプロセスは長いです。

 

「こうじゃないかな」「こうなるんじゃないかな」とか結構リスクを考えたりします。

 

でも、、、

 

やっぱり、やりたい。

自分の好きなことで食べていきたい。

 

そりゃあ、いまの仕事も、「好き」かも知れないけど、もっと、ワクワクして、ドキドキするようなこと。

 

このブログを公開した時、自分のブログのタイトルを自分で検索してみました。

そしたら、自分の書いた記事がヒットして、ビックリしました。←

 

ドキドキしました。

久しぶりに。

 

だから、この気持ちを大事にしたいという、自分の、ある種防衛反応みたいなものも働いて、悩みます。

すっごく、悩みます。

 

好きなことで稼ぐって、覚悟がいることなのかな。

ちゃんと、自分で責任を持って、決めて行動できたら、ちゃんとこのブログでも報告したいです。

 

誰にだよ!って思うけどね笑

 

案外、みてくれている人もいるのかも知れないので。

 

そうだとしたら、逆に怖いけどね。

発信をするって、怖いことでもありますね。

 

いやあ、なんだかとんでもないことを始めてる気がする。

働き方

私は今、いわゆる普通のOLですが、フリーランスという働き方に興味を持ってから色んな人のブログを見たり、色んな本を読んだりしています。

 

でも、フリーランスの人って、何か一つのことに特化するのではなく、色んな分野の色んなことでお金を生み出している、と行った印象なんですよね。

ですので、私も最初、〜で稼げたらいいな、と思っていましたが、1本に絞るのは、危険そうだ、と思うようになりました。

それがいいのか悪いのかは分かりませんし、やってみないと分かりませんが。

 

例えば、ブログを書いている人でも、ブログだけではなく、アフィリエイトやライター業、イベント関係の仕事など、一つのことからいくつもの可能性が派生して、それを上手にコントロールしながら収益を上げて行っている、という感じでしょうか。

 

メインでやる仕事をしながら、他のことにも挑戦していく。

 

私が今の働き方で疑問に思っていたのは、一つの働き方に拘る必要があるのか、とか、やりたいようにやればいいのに、ルールが多いな、とかです。

 

自由人なので、そういう固定概念みたいなものがそもそも分からない。

なんでそんなルールに従わなきゃいけないの?

ルールに従ったところで誰かの人生に関わるわけでもないし、無駄ですよね?って思ってしまいます。

 

無駄なことにとらわれすぎて、身動き取れなくなる今の働き方に疑問を感じてしまいます。

 

もちろん、フリーランスになっても、ルールやマナーはあるのかもしれませんが、それは自分で全て作っていくもので、誰かの言いなり、ではないということ

もちろんそこには責任が伴いますが、そんな働き方が良いなーと思っています。

 

なんか、朝から反骨精神丸出しの記事になりましたが、要はそういうガチガチに固められた世界が嫌なんです。

 

特に私のいる業界は、ルールが多い。

 

不自由を感じてしまいます。

フリーランスが自由なのかは知らないけど。

 

先ほどの話に戻りますが、色んな働き方があるよね、ということです。

何も一つの会社に一生勤め続けないといけないわけでも無いですし、色んな会社を経験するも良し、経営するも良し、フリーランスで生きていくのも良し、と言う感じです。

 

私も、大学生の頃の就活では、安定した企業に長年勤めて行くのが一番だと思っていました。

両親がそう言う教育だった、というのもありますが、なんとなくそう思っていました。

でも、現実は違います。

大海原に繰り出した船のように、人生って、波を渡るように、過ぎていくのだなー(意図的にそうしているみたいなところもあります)と思ったりします。

途中で、波に飲まれそうになったり、転覆しそうになったり、持ち直したりしながら、大海原を渡っていくといった感じです。

 

働き方というテーマで書いていますが、私は小学生の頃から自分はオールマイティタイプだなーと思っていました(この頃から自分を俯瞰してみるのがくせでした)。

何でもこなせるけど、全て80点から90点という意味で使っています。

 

例えば一つのことを極めたい人は、100点満点じゃ飽き足らず、Aプラスとか、120点とかを目指すわけですよね。

 

私は違います。笑

 

80点で良いから、合格を貰いたい。

 

だから、そういうパラレル的な働き方が合っているかも、と思ったりします。(根拠はない)

 

なんか色んなことに手を出して!って怒られそうですが(誰に)、一個やってても、飽きちゃうんですよね。

だから例えば、大学生の時もそうでしたが、メインのアルバイトを1つやりながら、他のアルバイトで稼いだりとか、そういうのが経験になって、色んなことを経験出来たなーと思ったり、片方で学んだことや経験出来たことが片方に生きたりするじゃないですか。

 

そういうのって、お得ですよね。

 

一つのことを極める働き方も、良いと思います。

素晴らしい。

 

私には出来ない、かな。

 

 

 

今受けている会社

田舎に住みたいと思って、その住所で求人を検索し、先日正社員の面接に行きましたが、落ちてしまいました。

 

それについては以前の記事に書きましたが、今度はアルバイトに変えて応募しています。

今受けているのが、自分の好きな分野のアルバイトですが、今日電話がかかってきて、現在就職しているので、勤務開始が2~3か月後になることを伝えたところ、いったん考えます、とその場では何も決めず切られてしまいました。

 

こりゃあ望み薄だなーと思っていましたが、その後すぐに連絡があり「面接をしましょう」との返事でした。

 

ただ、平日の日中で面接をしたいと言われ、私も譲れなかったので土日がいいですと伝えましたが、どうしてもだめみたいで、おそらく近々時間休でも取って面接に行きます。

 

なんで平日だけなの?と思ったけど仕方ない。

 

先日、体調不良で2日も有休消化してしまったので、なんかうまいいいわけ考えないと休めないー

 

まあ、無難に体調悪いから病院行きます、とかにしようか。

 

私って、なんで現状で満足できないのかなー

先輩も優しいし、上司も面白いし、環境すごくいいのに

 

このまま働き続けてもマイナスではないけどね。

プラスにしたい、と思うと違うかな。

 

なんというか、生暖かいのよね、風が。

 

ぬるっとしてる。

 

その生ぬるい風が心地よくて会社に居続ける人もいるだろうし、それを否定するわけでもなく、ただ私にとっては生ぬるい風が心地よくない。

次を目指して、常に歩き続けたいというか、風を感じたい。

 

そう思ったら、行動せずにはいられないんです。

 

1年前は、それでいいと思ったし、都内で働いてそこそこ給料もらって、一人暮らしをして、休日には彼氏と旅行に行って、という生活がいいと思ってたけど、今26歳になって、27歳になる歳で、再就職したころは25歳で、結婚なんて考えられなくて、出産なんてもっと考えられなくて。

 

でも今は、仲のいい友達がお母さんになったり、妻になったりしていくなかで、私もそんな幸せな家庭を築きたいって思ったりします。

 

結婚なんて地獄だ!って思ってた(根拠はないけど、両親の喧嘩とか見てきたし、あまりいいものではないなと思っていました)けど、今は、目の前にいる大切な人と一緒に暮らして、おいしいものを食べて、一緒に寝て、一緒に起きてっていう何気ない日常がいいなあって思います。

 

少し大人になったのかな。

 

だから、将来の家庭像みたいなものを思い描いて、こんな生活がしたいって思って、今はそれに向けた準備期間だと思っています。

 

まだ気が早いかもしれませんが、私の彼氏は付き合う前から「次付き合う人と結婚する」とか、いざ付き合ってみても「結婚する?」って日常的に聞いてきたりするほど、結婚願望が私よりはるかに高くて、逆に私が追い付けなくて喧嘩になったりしました。

 

これ以上書くと特定が怖いのでこの辺にしますが、愛されてるなーと感じることもたくさんあって、(ナチュラルなのろけ)その愛で私はここまで成長できたし、この後のことを考えたりするようになったと思います。

 

まだどうなるかわからないし、それがうまくいくかもわからないけど、やってみたい。

 

夢を現実に、形にしたい。

 

そして将来私の子供が、「お母さんがおうちにいてくれてよかった」って言ってくれる家庭でありたい。

 

わー、なんだかちょっと重い内容っていうか、ガチトークになりましたが、ここらで今日はおしまい。