普通のOLの普通の日常 〜the life of a women in japan 〜

I'll write about my life at tokyo in japan.都内で一人暮らしをしながら、都内で働く普通のOLの日常を綴っていきます。

働き方

私は今、いわゆる普通のOLですが、フリーランスという働き方に興味を持ってから色んな人のブログを見たり、色んな本を読んだりしています。

 

でも、フリーランスの人って、何か一つのことに特化するのではなく、色んな分野の色んなことでお金を生み出している、と行った印象なんですよね。

ですので、私も最初、〜で稼げたらいいな、と思っていましたが、1本に絞るのは、危険そうだ、と思うようになりました。

それがいいのか悪いのかは分かりませんし、やってみないと分かりませんが。

 

例えば、ブログを書いている人でも、ブログだけではなく、アフィリエイトやライター業、イベント関係の仕事など、一つのことからいくつもの可能性が派生して、それを上手にコントロールしながら収益を上げて行っている、という感じでしょうか。

 

メインでやる仕事をしながら、他のことにも挑戦していく。

 

私が今の働き方で疑問に思っていたのは、一つの働き方に拘る必要があるのか、とか、やりたいようにやればいいのに、ルールが多いな、とかです。

 

自由人なので、そういう固定概念みたいなものがそもそも分からない。

なんでそんなルールに従わなきゃいけないの?

ルールに従ったところで誰かの人生に関わるわけでもないし、無駄ですよね?って思ってしまいます。

 

無駄なことにとらわれすぎて、身動き取れなくなる今の働き方に疑問を感じてしまいます。

 

もちろん、フリーランスになっても、ルールやマナーはあるのかもしれませんが、それは自分で全て作っていくもので、誰かの言いなり、ではないということ

もちろんそこには責任が伴いますが、そんな働き方が良いなーと思っています。

 

なんか、朝から反骨精神丸出しの記事になりましたが、要はそういうガチガチに固められた世界が嫌なんです。

 

特に私のいる業界は、ルールが多い。

 

不自由を感じてしまいます。

フリーランスが自由なのかは知らないけど。

 

先ほどの話に戻りますが、色んな働き方があるよね、ということです。

何も一つの会社に一生勤め続けないといけないわけでも無いですし、色んな会社を経験するも良し、経営するも良し、フリーランスで生きていくのも良し、と言う感じです。

 

私も、大学生の頃の就活では、安定した企業に長年勤めて行くのが一番だと思っていました。

両親がそう言う教育だった、というのもありますが、なんとなくそう思っていました。

でも、現実は違います。

大海原に繰り出した船のように、人生って、波を渡るように、過ぎていくのだなー(意図的にそうしているみたいなところもあります)と思ったりします。

途中で、波に飲まれそうになったり、転覆しそうになったり、持ち直したりしながら、大海原を渡っていくといった感じです。

 

働き方というテーマで書いていますが、私は小学生の頃から自分はオールマイティタイプだなーと思っていました(この頃から自分を俯瞰してみるのがくせでした)。

何でもこなせるけど、全て80点から90点という意味で使っています。

 

例えば一つのことを極めたい人は、100点満点じゃ飽き足らず、Aプラスとか、120点とかを目指すわけですよね。

 

私は違います。笑

 

80点で良いから、合格を貰いたい。

 

だから、そういうパラレル的な働き方が合っているかも、と思ったりします。(根拠はない)

 

なんか色んなことに手を出して!って怒られそうですが(誰に)、一個やってても、飽きちゃうんですよね。

だから例えば、大学生の時もそうでしたが、メインのアルバイトを1つやりながら、他のアルバイトで稼いだりとか、そういうのが経験になって、色んなことを経験出来たなーと思ったり、片方で学んだことや経験出来たことが片方に生きたりするじゃないですか。

 

そういうのって、お得ですよね。

 

一つのことを極める働き方も、良いと思います。

素晴らしい。

 

私には出来ない、かな。