普通のOLの普通の日常 〜the life of a women in japan 〜

I'll write about my life at tokyo in japan.都内で一人暮らしをしながら、都内で働く普通のOLの日常を綴っていきます。

実家に居場所が無くなっていた

久しぶりに実家に帰ったら、自分の部屋は、私の荷物以外の荷物が置いてあり、外で使うものもあったりと、とてもそこで人が寝られる状況ではありませんでした。

 

母にそれを言いましたが、「何を言ってるの?」という、何吹く風のテンションで、「少しくらい、良いじゃない、寝れる!」と言われました。

 

私はどこかで、いつでも、実家に帰れると甘えていたのかもしれません。

物理的には、自立していても、精神的にまだ、頼る気持ちがあったのかもしれません。

 

ただ、そこに荷物があっただけのことですが、私にとっては意味のあることでした。

 

「もう、私に帰る場所は無いんだ。」と思いました。

実家を出て生活をしているのだから、他人、、、とまではいきませんが、あくまでお客さん、というか、部外者、、、みたいなイメージで、「実家を出て1年も経つとこうなるのかー」と感慨深いです。

 

とてもじゃ無いですが、私のプライドがそれを許さなかった。

「そうだね、みんなで使って良いよ、みんなの倉庫にして良いよ」と言えたら良かったのですが、私に帰る場所がある、と思っておきたかったのに、そんな事はないと痛感しました。

 

甘えてた。

まだ甘えてました。

 

もう、一生、実家には泊まらないと決めました。